マダムローズ_banner

(ミルねえさん風で)

こんばんわぁ。

わたしはマダムローズ。

バー『ミスターシスター』のママやってんの。

みんなはわたしのこと、ローズママって呼ぶわぁ。

たまに小学生がわたしを見て、UMAとか、使徒とか、ラスボスって叫んで逃げてくけど、基本ローズママでいいわよぉ。

それにしても、今夜はお客さんサッパリねぇ。

んー、こんな夜はこれね。

『マダムローズの多分ためになる話』
第1回ローズ流!美術館の楽しみ方

みなさんは、美術館ってよく行かれるのかしら。

・・そうよねぇ。

美術に興味なかったらダタ券もらっても、なかなか行かないわよねぇ。

でもね、今日の話を聞けば、明日にでも美術館にいきたくなるわよぉ。

そう、美術オンチのあなたも。

美術館って、絵画とか作品を楽しむって考えがちでしょ?

でもローズ流は違うの。

作家のイキザマを楽しむのよ!

何事もまずは準備からよねぇ。

<準備>
作家の「生まれた年」と「享年」を暗記しまーす。
以上。予備知識は要りません!
展覧会は大体、入り口に作者の略歴が展示してあるので、そこでチェックしてねぇ。

では、さっそく作品を観にいきましょう。

作品には大抵、タイトルが書かれた札が添えられています。
キャプションというそうです。
そこに記載されている制作年をチェック!
caption

(制作年)-(生誕年)を計算して、だいたい何歳くらいでその作品を作ったか把握します。

そして、思いをはせるのです。。。

「18歳でこんなもの描いてたのか、スゲーな。オレなんてまだやんちゃ盛りだったのに」とか、

「なんか作風が急に変わった。30代、迷いが見られるな。」とか、

「自分と同じ年代の頃の作品か。」とか、

「もう死ぬ直前じゃん!」とか。

ね、なんか共感が増すでしょ?

この閲覧方法、ぜひお勧めです。

オプションとして、時代背景を把握しておくと、より感情移入できます。

でもまぁ、してなくても大丈夫。

あらやだ。マダム口調忘れてたわぁ。

じゃあね、シーユーサイチェン!