—ナイトカフェ『プールタブー』にて—
マスター_banner
カランカラーン♪

マスター) いらっしゃいませ。
カロト) マスター、本日のカルピス。
あれ?先客?珍しいね。見慣れない顔。
先客) グスン・・・。
マスター) ずっとこんな調子です。
カロト) どうしたの?
先客) グスン。
ぼく、仕事でいつも失敗ばかりして、周りに迷惑かけてばかりで。。。
カロト)  あぁそうなのか。。。
先客) 今日もボスに「ろくに仕事もできねぇのに肉ばっか食いやがって!お前は『狂犬三兄弟』かっ!」って怒鳴られて。
カロト) 今どき珍しい職人気質だな。
おいらもエレベーターボーイやってた頃を思い出すよ。
先客) エレベーターボーイ?・・・ですか・・・。
カロト) ああ。ちょっと昔話に付き合ってもらえるかい?
先客) あ、はい。ぼくでよければ。

—————————————–
[まだエレベーターが人力だった時代の話]

ガラガラガラガラーッ!!(ハンドルを回す音)

親方) 新入り!こっちは手がいっぱいだ!2号機は頼む!
カロト) あいよ!でも親方、こうしてもう3年も一緒にハコ吊るしてるんですぜ。
いい加減“新入り”は勘弁してくだせぇよ!
親方) 半人前が生意気言ってんじゃねー。

ガラガラガラガラーッ!!(ハンドルを回す音)
ガッシャーン!(地上に着く音)

親方) ふうっ、到着。まったく3機を二人で吊るせなんて、お偉いさまはムチャ言いやがる。

ウォーン!ウォーン!ウォーン!ウォーン!(アラート音)

親方) いけね。最新型高速エレベーターがお呼びだ。
オレはしばらく1号機に付きっきりだ。
なんせ、1階から60階まで高速で一気に上げなきゃいけないからな。そっちは頼んだぞ、新入り。
せーの!ううぉーりゃーーっっ!

ガラガラガラガラガラガラガラガラーッ!!(親方が高速でハンドルを回す音)

カロト) あいよ!
お、さっそく1階の3号機にたくさんのお客様。各階止まりね、了解。
・・・うわぁっ、46階の2号機、地上階までノンストップ下降要請!
あ!さらに60階で人が待っている!間に合わない!
親方、どうしよう!!

ガラガラガラガラガラガラガラガラーッ!!(親方が高速でハンドルを回す音)

親方) (*´Д`)はぁはぁ。(←高速ハンドルで息が切れてる。)
おまえ、
(*´Д`)はぁはぁ。
ツイントルネードやってみるか?
(*´Д`)はぁはぁ。
カロト) ツイントルネードって、二つのハンドルを同時に高速操作するのアレですか?!まだ無理っすよ!!
親方) 大丈夫だ。(*´Д`)はぁはぁ。
お前はオレのもとで、(*´Д`)はぁはぁ。
3年もハコ吊るしてんだ。(*´Д`)はぁはぁ。
落ちいて回せば大丈夫だ。(*´Д`)はぁはぁ。
カロト) 親方わかったよ。こうですか!

ガラガラガラガラーッ!!(ハンドルを回す音)

親方) その調子だ新入り。(*´Д`)はぁはぁ。
カロト) 親方、おいらツイントルネード回してんだ!(*´Д`)はぁはぁ。
もう新入りはなしですぜ!(*´Д`)はぁはぁ。
親方) はっはっは!半人前が生意気言ってんじゃねー!(*´Д`)はぁはぁ。
カロト) (*´Д`)はぁはぁ。
親方) (*´Д`)はぁはぁ。
カロト) (*´Д`)はぁはぁ。
親方) (*´Д`)はぁはぁ。

—————————————–

カロト) その後、おいらはトリプルトルネードまで習得したが、電子制御の台頭によりエレベーターボーイの仕事はどんどん減っていった。
先客) 色んな意味で息ぴったりだ。仲がよさそうでいいですね。
カロト) いや、そうでもないよ。失敗するとすぐゲンコツさ。
先客) どこの親方も同じですね。ありがとうございました。なんか元気出ました。

カランカラーン♪

マスター) あ、ハーデスさん。いらっしゃいませ。
大魔王) 五部林!(先客のこと。)
(*´Д`)はぁはぁ。(←ミスターシスターから走ってきて息が切れてる。)
大魔王)  余が少し言い過ぎたようだ!
(*´Д`)はぁはぁ。
先客) ボス・・・・。
カロト) あぁ、ハーデスさんとこの人だったのね。

こうして大魔王ハーデスとゴブリンは魔界へ帰っていった。

【参考】
今回の記事は前回の続編となっております。
興味のある方はご覧ください。
マダムローズ『あんた、誰のために怒ってんのよ。』