マダムローズ_banner

—————————————–
(ミルねえさん風で)

わたしはマダムローズ。

バー『ミスターシスター』のママよぉ。

みんなはわたしのこと、ローズママって呼ぶわぁ。

たまに小学生がUMAとか、使徒とか、ラスボスって叫んで逃げてくけど、基本ローズママでいいわぁ。

カランカラーン♪

あらぁ、今夜もまた、迷える子羊ちゃんがご来店ねぇ。

—————————————–

ローズ) あら、大魔王いらっしゃい。

大魔王) ちょっとローズママ聞いてよ。
新人の五部林(ごぶばやし/通称ゴブリン)がまたミスやらかしてさ。

ローズ) まあ、お気の毒ねぇ。

大魔王) 何回言っても同じミスして。まったく余(ヨ)をバカにしとる!
「仕事もろくにできないのに肉ばっか食いやがって!お前は狂犬三兄弟のひとりかっ!」って言ってやったよ。

ローズ) あら、ちょっと五部林くん、可愛そうじゃない?

大魔王) いいんだよ。アイツはそれくらい言っても効かないんだ。

ローズ) でもそれ、一体誰のために怒ったの?

大魔王) 誰ってそりゃ五部林。

ローズ) いい?「怒る」ってのはね、二種類あって、他人のために怒るのと、自分のために怒るの。

大魔王) ほぉ。詳しく聞かせてくれるかい。

ローズ) ホントに他人のためだったら、どんどん怒っていいのよぉ。

大魔王) じゃぁ、今回は余が怒ったのは正当だな。

ローズ) いいえ、残念ながら自分のためねぇ。あなたのエゴで五部林くんを傷つけただけ。

大魔王) え?なんで?

ローズ) 怒る原因を突き詰めると、だいたい自分のためね。九分九厘、九毛。「自分の存在をないがしろにされた」とか「プライドを傷つけられた」とか「恥をかかされた」とか最悪なのが「イライラして相手にあたった」とかね。今回は、自分の存在をないがしろにされて怒ったケースねぇ。

大魔王) いや、そんなことないよ!

ローズ) だって、「余をバカにしとる」って言ってたじゃない。

大魔王) あ、ホントだ。

ローズ) 逆に他人のために怒るって、とっても難しいことで、例えば、命を絶とうとしている人を叱ったり、危険な遊びをしてる子供を叱ったりとか。

大魔王) 子供のしつけは特に注意が必要かもね。明らかに自分がイライラして子供にあたってる親、街中でよく見かけるよ。

ローズ) あたし、子供いないから分かんないけど、相応のストレスはあるんでしょうね。「また自分の為に怒っちゃった」って気付くだけでも違うかも。怒りがこみあげてきた時、怒鳴る前に少し考えるべきね。一体だれのために怒ってるのか。

大魔王) で、たいてい自分の為に怒ってることに気づくわけだ。

ローズ) そう。で、相手がどうでもいい人間だったら、怒らずに放っておけばいいのよ。そういう人はあなたが手を下さなくても、自然にはじかれていくはずだから。
でも五部林くんはそうじゃないでしょ?

大魔王) え・・・。

がたっ(大魔王急に立ち上がる)

大魔王) 五部林ごめんよーっ!!

カランカラーン♪

ローズ) ちょっとー!一杯くらいなんか飲んできなさいよっ!(←自分の店のために怒ってる)