伝説の勇者編バックナンバー
序 章『旅立ちのとき』
第二章『はやく旅立てよ。』
最終章『そして伝説へ。』

—ナイトカフェ『プールタブー』にて—
マスター_banner
カロト) マスター、前々から気になってたんだけど、あの床に刺さってる剣みたいの何?
ツルギ
マスター) あぁ、あれですか。ちょっと長くなりますが、昔話にお付き合い頂いてよろしいですか?

カロト) ぼ、ぼくでよければ。。。

———————————————-
プールタブー開業前。マスター物件探し中。

不動産屋さん) どうですか、居抜き物件でこの家賃は他ではありえませんよ。

マスター) うん、なかなかいいですね。・・・ん?!!

不動産屋さん) あ、気づかれました?

マスター) 何ですか、あの床に刺さってる剣みたいなものは。

不動産屋さん) なんでも、このビル建てる前から刺さってたらしく、どうしても抜けなくて。

マスター) はぁ。

不動産屋さん) しょうがないからそのまま工事しちゃったみたいです。

マスター) 問題先送りすんなよ!

不動産屋さん) ビルのオーナーによると、あの剣は真の勇者しか抜けないそうです。

マスター) ひぇ~。

———————————————-

マスター) まあ、気にしなければいいかと思い、刺したまま営業開始したわけです。

カロト) お前も問題先送りすんなよ!!

マスター) ちょっと試してみます?

カロト) うん。こんな感じかな、えいっ。

サクっ!

カロト)マスター) あ、抜けた。

こうしてぼくの冒険の旅は始まった。

伝説の勇者編バックナンバー
序 章『旅立ちのとき』
第二章『はやく旅立てよ。』
最終章『そして伝説へ。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA