ナイトカフェ『プルタブ』にて
カランカラーン♪

マスター) いらっしゃいませ。

カトー) あーーーしんどい。頑張り過ぎた。マスター、マカの元気ストレートで。

マスター) 今日はなんかあったのですか?

カトー) あぁ。A Fairly Orchestra(フェアリーオーケストラ)のライブ。

58moonfairly2

マスター) あの、ダンスミュージックや昭和歌謡で世界的に有名な?

カトー) そうそう。

マスター) フェアリーっていったら最近、妙に整ったアフロのトロンボーン吹きがいるって聞いたのですが。

aflo
カトー) ああ、実はおいらさ。そのことで少しばかり町がザワついているようだな。因みにワクワクさん、ニセ者らしい。

マスター) え、もしかしてあれヅラだったんですか!

カトー) そうさ。まだ誰にもバレちゃいないがな。

マスター) そんなこと世間に知れたら、スキャンダルになりますよ!

カトー) でも、かぶり続けきゃいけないのさ。ジョニーのためにも。

マスター) ジョニー?

カトー) あぁ。少し昔話に付き合ってもらえるかい?

マスター) 私でよければ。

———————————–

ダダダダダダダダダッ!ダダダダダダダダダッ!

カトー) 敵にすっかり囲まれちまったな。ウジムシどもめ!傷は大丈夫か、ジョニー。

ジョニー) ああ。だが、この足ではもうそう遠くへは逃げられん。俺がオトリになるからそのスキに逃げろ!

カトー) なに弱気なこと言ってんだジョニー。まだ先月生まれたベイベーの顔拝んでないんだろジョニー!

ジョニー) ああ。ベイベーがレイディーになったら伝えてくれ。こんなバカな父親がいたことを。
バカな父親だが、お前とお前の母さんのことを世界一愛していたことを・・・。

カトー) 俺は認めないぜジョニー!またダウンタウンの安いバーでバカ騒ぎしようぜジョニー!

ジョニー) 一つだけ頼み事していいか?

カトー) なんだいジョニー。

ジョニー) こいつを、俺だと思って祖国に持ち帰ってもらえないか?

そして、ジョニーは自分のヘルメットを脱ぎ、俺に託した。

———————————–

カトー) そのヘルメットがこのアフロだったってワケさ。

マスター) ・・・で?

カトー) 俺はそのアフロをかぶって逃げた。

マスター) ジョニーを捨てて?

カトー) ああ、しかも一目散に。

マスター) この薄情もの!

カトー) しかしアフロがいけなかった。目立ち過ぎて、敵の銃口が全部俺に向いた。

マスター) 自業自得だわ。

カトー) そのスキにジョニーは逃げきって、無事ベイベーの顔を拝めたとさ。計算通りだぜジョニー。

マスター) うそつけ!