彼について。
404
名前を「404」といいます。
WEBページを閲覧しようとしてて、
ページが見つからなかった時に表示されるアレです。
「Not Found 404」。
彼は自分自身を見失ってしまいました。

感情も。
自分自身の価値も。
だから、「楽しい」という感覚は彼には分かりません。
そしていつも自分を他人と比べて劣等感を背負っています。

彼はシンセサイザーを演奏します。
正直楽しいかどうかよく分かりません。
でも、音楽に触れている間は、自尊心を開放して
自分を実感できる気がするのです。

足元の犬、
404_1
404に妙になついて、いつも付きまとってくる「プースケ」。
404には、なんでこんな自分にプースケがなついてくれるのか
皆目理解できません。

ちなみに彼の楽器は
[GAKKEN社製5K-12モデル]。
まぁ要するに、学研の5年の科学12月号の付録です。